❖TOPICS
2018年4月から
特定技能ビザ14業種
(建設業・農業・外食等)が新設されました。

❖日本語
レベル4で2番目の易しさ。
在外試験場も指定されました。
5年間の在留が認められます。

❖受入側の体制
#特定技能ビザは単純労働の外国人の招請です。


実態的には労働者不足を補う入国管理行政の大転換の性格を持っており新商売に繋がると思う(弊社見解)。

HP検索➡
http://disptach.tokyo
派遣業(起業)


例えば中国人が
日中連携で新たに「経営管理ビザ」で、
投資経営ビジネスを展開する場合の留意点は、
派遣業は宿泊業、農業、飲食業のみしか営業できないことです。

◆派遣業
対象業種は3種類に限定されました。
❶宿泊業
❷農業
❸飲食業

⑴例えば中国の国内法クリアで送出後に、
⑵本邦では➀派遣業法で➁協同組合規制等を別途クリアする必要があります。

私見乍ら”ジツコ”は実施試験の手配で依然重要な役割を担います。

相談❖相談窓口
相談下さい。
今すぐ📞なら、0120-03-6066(窓口山本努)

相談員は、
法定「入国管理届出者」の堂上孝生行政書士です。

❖❖❖中国側の相談は、
薛梅です。
代表�📞03ー5548-6007
ご相談

                Copyright2019: AACCX INC., All rights reserved.